脱毛の種類

電気脱毛

近年、エステティックサロンでおこなわれる脱毛と言うとフラッシュ脱毛などの光脱毛が主流になってきています。ですが、その前までは電気脱毛という方法が主流となっていました。もちろん今でも光脱毛と電気脱毛のどちらもできるエステもありますし、両方を併用しているサロンもあります。

フラッシュ脱毛は『永久脱毛』と呼ばれていますが、実際には「永久的に生えてこない」というわけではなのです。最終施術日から6ヶ月を経過して発毛が実感できなければ医学的に永久脱毛と呼ばれるだけで、個人差がありますが数年後毛が生えてくるという事はあるのです。ですが電気脱毛は本当に永久的に生えてこないという可能性の高い技術なのです。

電気脱毛とは、毛穴一つ一つに細い針を刺して、そこへ電気・高周波を流して毛根を死滅させるという方法なのです。ただデメリットが多いのです。1本1本の毛穴に針を刺して行くのですから、時間がかなりかかるのです。そして光脱毛よりもはるかに強い痛みがあるのです。光脱毛は簡単に言ってしまえば光を当てるという方法ですので、それほど高い技術は必要ありません。ですが電気脱毛はかなりの技術が必要となります。そのため脱毛費用もかなり高くなってしまうのです。また脱毛後は肌に炎症がおこるケースもあります。

そのため電気脱毛は最近ではあまり用いられることが少なくなっています。ですがフラッシュ脱毛は産毛や白髪などの黒くない毛に対しては反応しませんから、そういった部位に電気脱毛を用いたり、本当に永久的に生えてこなくていいと思っている人などが用いるようです。