脱毛の種類

毛抜き

男性が脱毛処理を自宅でおこなう場合の方法に毛抜きで抜くというやり方があります。脱毛の中で最も低コストなのがこの毛抜きで抜くという方法です。100円均一でも売っていますし、質のいい毛抜きでも1,000円はしないでしょう。しかも一度購入してしまえば、そう簡単に壊れませんので、買い替えるという事もないのです。

毛抜きで抜くという方法のメリットとして、カミソリで剃るよりも持続性があるという事です。カミソリで剃るということは皮膚の表面に出てきている毛のみを削るのですから、体毛が濃い人は次の日にはすぐに目立ってしまいます。ですが毛抜きで抜くということは、毛根ごと引っこ抜くという事ですから、次の日に皮膚の表面に出てくるという事はほとんどないのです。

ですが、毛抜きで抜くという方法にはデメリットもあります。それは皮膚への悪影響が強いという事です。もちろん毛抜きで抜くと部位によっては激しい痛みが伴います。それは毛とともに皮膚もむしり取っているからなのです。それだけ皮膚に与えるダメージは強いのです。

しかも抜いた後も、それまで生えていた毛がなくなり毛穴がぽっこり空いた状態になるのです。そこへ雑菌や細菌が入り込む危険性があるのです。またその他のデメリットとして、手間がかかるという事です。実際にやっている人は分かると思いますが、眉毛の毛を抜くというだけでかなりの時間がかかるのです。しかも広範囲にわたる腕毛・脛毛・脇毛・胸毛となると何時間かかるか見当もつきません。眉毛程度の範囲でしたら良いかもしれませんが、その他の部位は違う方法で脱毛する方がいいかもしれません。